2018年06月08日

意外と知らない事・・Vol-3

最近 アレルギーと言う事をよく耳にします

何故アレルギーに成るのか・・・
話せば長くなります 難しくなります 専門分野に成ります 私は専門家ではありませんので 簡単に書きます 参考にして下さい。

アレルギーとは 酵素 抗体によるものです
そもそも 食した食物に対し有効な酵素が無ければ それらを分解し体内に取り込む事が出来ませんから アレルギー反応も無ければ 消化もされず外に出てしまいます。

と言う事は 消化酵素 抗体が有るから 症状が出るわけで 体が持つ酵素や抗体が 平均的に持っていれば 問題は有りませんが 一部の酵素や抗体が多いと 過剰反応を起こします

解り易く言えば たんぱく質を分解する酵素が 定量より多く存在すると 食物のたんぱく質を分解するだけに足らず 体内のたんぱく質まで分解しようとする事から 発疹が出たりします

抗体も酵素も 基本的には親から生まれる時に 受け継ぎ体内に有るのですが 全てではありません 
生まれてから 乳児期に 親から与えられる食物 また 自然界から吸収するもの から順次必要な物が整ってゆきます

しかし 現在愛犬は 親から90日で離され 新しい家庭に行く事が多くあります

しかも清潔な室内 過度な衛生環境 常に同じ食物のドッグフードを摂取する事で 酵素も抗体も偏り バランスが崩れ アレルギーと成ると言われています。

10年20年前 外飼いで残飯を食べていた 飼い犬には アレルギーは稀でした

人間の免疫学会でも 生後6ヶ月で動物園に連れて行くことで 抗体が備わるとも言っています
また 粉ミルクではなく 母親の母乳を十分に呑み 母親の手作り離乳食を食べていた子には アレルギーに成る子は少ないとも言われています。

昔は ジステンバーで亡くなる犬が多く 予防接種が4回が多く有りました 
最近では 2回目の摂取2週間後から散歩はOK 多種と混じる場には念押しの3回目以降と言うのが 普通に成ってきています。

アレルギーは親からの遺伝も有りますが 幼少期の環境で随分異なります

ペットショップの言いなりに成らず 同じ物を継続して食べさせるのでは無く 色々な物を幼少期から与える事です。

ドッグフードなら 他の物を少し混ぜてみたり パピー用から正犬用に移行する時 他の銘柄で 少しづつ混ぜながら与える

人用の食物で 犬に害の無い物を少量だけ 適度に与える 

ドッグフードは 言わば カロリーメートと同じですから 同じ物だけを与えれば 偏食に成ります

そして 生活環境の過度な衛生 シャンプーの頻度 他の犬との接触を避ける事など 過保護にし無い事です  
色々な物を食べ 幼少期から色々なワンコに関わり 
「腕白でも良い逞しく育って欲しい」・・・今じゃ死語かも(笑) の様にしていれば 
アレルギーには なり難いと思います。


 −−−−−−−【お知らせ】−−−−−−−−−−−−


誠犬塾で一緒に愛犬の事を学びたい 色々と相談したいという方は 下記のリンクバーナーよりホームページをご確認の上 お問い合わせください。

          

誠犬塾ではネットによる研修の場をFacebook誠犬塾グループを設けています 参加希望の方は グループの管理人(誠犬塾代表者)に 友達申請と共に 愛犬の事 悩みや思うことをメッセージでお送りください

誠犬塾は 参加型のグループです 積極的に参加頂ける方を求めています 
情報を得るだけ目的の方は このブログの読者として 記事を参考にしてください。
posted by seikenjyuku at 00:00| Comment(0) | essai エッセイ

2018年06月07日

意外と知らない事・・Vol-2

皆さんは 愛犬のご飯は ドッグフード(乾燥タイプ)それとも 生食 缶詰や手作りで与えていますか

愛犬が突然 吐く・・・と言う経験は有りませんか

愛犬が吐く事には色々な要因が有ります
その中でも 食後や車酔いで吐くのは 食後の状況に有ります

ドライフードの場合 愛犬が食べてから 少なくとも1時間半は 過度な運動 自動車の移動は避けた方が良いでしょう

何故なら ドライフードは 長期保存の為にドライにしているのではありません
体積を減らし 保存が容易・・・・も勿論有ります
もう一つ大切な理由が 腹持ち感 長時間かけて消化させる事で 空腹感を減少させる また 消化を十分にさせると言う意味が有ります。

ドライフードは 乾燥し体積が小さくなっていますが 食べて胃の中に入り 胃液水分で ふやかされ 大きく膨張し 消化し易く柔らかく成ります。

生食なら 直ぐに胃が動き胃液と混ざり腸へ流れ消化されてゆきます
しかし ドライフードは時間をかけて 生食の様に柔らかくなりますから 長く胃に留まる事に成ります

従って 食後1時間以内での運動や車での移動は 愛犬には随分負担になると言うことです

1時間いや 1時間半はゆっくりさせる事が望ましく思います 理想的に言えば3時間は措いた方が良いです

稀に フード袋に記載の指定の料では少ないと思い 多く与える方が見えますが それは危険ですよ

一度 ドライフードを器に入れて ぬるま湯を注いで1時間程度放置してみて下さい 
フードの心まで柔らかくするには 随分水が必要ですし 必要だけの水分を注ぎ 膨らんだ量を確認してみて下さい 驚きますよ

ここで もう一点 気になる事が フードの心まで柔らかくする水分量は何処から来るか

そうです 体内の水分を沢山分泌する事に成るので 体内の水分が減り 血液が濃くなります
勿論 消化の時に 水分と栄養分は体内に取り込まれたり 戻りますが 
消化中は 体内水分不足に成ると言えます

従って 食事後の運動や移動は 身体に大変負担になる事が解りますよね

人でも 食事後の運動は辛いですよ 食後は暫し寝る・・・に限りますね

愛犬の為に 気お付けて下さいね



 −−−−−−−【お知らせ】−−−−−−−−−−−−


誠犬塾で一緒に愛犬の事を学びたい 色々と相談したいという方は 下記のリンクバーナーよりホームページをご確認の上 お問い合わせください。

          

誠犬塾ではネットによる研修の場をFacebook誠犬塾グループを設けています 参加希望の方は グループの管理人(誠犬塾代表者)に 友達申請と共に 愛犬の事 悩みや思うことをメッセージでお送りください

誠犬塾は 参加型のグループです 積極的に参加頂ける方を求めています 
情報を得るだけ目的の方は このブログの読者として 記事を参考にしてください。
posted by seikenjyuku at 00:00| Comment(0) | essai エッセイ

2018年06月06日

意外と知らない事・・Vol-1

愛犬の事で 意外と知らない事が多々有ると思います

犬の人との歴史から学ぶ事柄は以前にも幾度と書きました 若干 重なる事も有るかと思いますが 少し触れてみたいと思います。

愛犬が何故 要求吠えをするのか

その一因には 規則正しい生活に有ります

しつけ本には 規則正しい生活 朝ご飯 散歩 お昼寝 夕方の散歩 ご飯・・・・など
間違っては居ません 
この方法は 愛犬を犬舎 人の生活環境と別の場所 家畜舎での生活には 有効です

しかし 人と同じ室内での生活では 逆に規則正しい生活が故 定刻に成ると そろそろご飯だよ 散歩だよ と知らせる行為に成ります 
それを 聞いた飼い主さんが 自らの仕事を止め 散歩をする事で 習慣と成り 知らせる行為が 要求行為と成る訳です

それらが条件と成り 色々な場面で 要求するようになり 要求吠えに繋がります

室内で一緒に暮らす生活をするならば 必ず人の行動を主体にする事
例えば ご飯は 必ず 飼い主さんが食してから 与える

この行為は 人と犬が長い共生の歴史から 残飯を貰う習慣を本能で受け付いているからです
狩猟後 獲物を捕り 人が食し 筋や内臓を飼い犬に与えた ポイと捨てた ほる物 ホルモン に成ったわけです。

人と犬が 長い歴史で共生して来た一番の要因が 狩猟や仕事手伝う事で 自ら餌を捕らなくても 待っていれば与えられた 更に 安全な寝場所まで 与えられた事から 共生が生まれたわけです

全ての行為は 人が先で 愛犬は次 と言う習慣を作り 待てば必ず叶うと思えば 要求せず じっと待っています。

家を出る時も 散歩で歩く時も 家に入る時も ご飯を食べる時も 寝る時も 全てです
全て 人の後ろから 見て覚える 真似て覚える 習慣で覚える

そうすれば 躾は不要 習慣を学ばせれば 自然と出来ると思っています

何度も書いていますが しつけ ひらがなの「しつけ」とは 
仏教語で「習慣性」を意味する「じっけ(習気)」が一般に広まる過程で「しつけ」 に変化した

それらを し続ける 「しつける(しつく)」「仕付け」となり 毎年行う事 畑の準備を仕付け
また 正しく縫う為に 事前に荒く縫う 仮縫い 仕付け糸 に成った

更に 身形作法を 美しく 「躾け」に成ったと言われています

返して言えば 今の愛犬は 全てが パパやママの真似をして覚えた と言う事にもなります 


 −−−−−−−【お知らせ】−−−−−−−−−−−−


誠犬塾で一緒に愛犬の事を学びたい 色々と相談したいという方は 下記のリンクバーナーよりホームページをご確認の上 お問い合わせください。

          

誠犬塾ではネットによる研修の場をFacebook誠犬塾グループを設けています 参加希望の方は グループの管理人(誠犬塾代表者)に 友達申請と共に 愛犬の事 悩みや思うことをメッセージでお送りください

誠犬塾は 参加型のグループです 積極的に参加頂ける方を求めています 
情報を得るだけ目的の方は このブログの読者として 記事を参考にしてください。
posted by seikenjyuku at 21:52| Comment(0) | essai エッセイ