2017年10月02日

今と昔 Vol-8 意識

前回は 犬との係わりとして 海外と日本の違いを書きました
人と犬との関わりの歴史が物語るように 生活に溶け込んでいる欧米に対し 近年に成って 愛玩犬として定着してきた 日本では 関わり方以前に意識が違いますね

平成22年9月に内閣府において 動物愛護に関する世論調査がなされ 調査結果を 内閣府のホームページ 自然環境省のホームページで 公表されています。
時間のある時に見て頂ければと思います 以下調査票と集計概要です。

別添2:単純集計結果つき調査票  [PDF 328 KB]
http://www.env.go.jp/press/files/jp/16452.pdf

別添1:調査結果の概要  [PDF 437 KB]
http://www.env.go.jp/press/files/jp/16451.pdf

平成15年にも調査がされ 22年に再調査された事に成ります。

調査結果では 動物が好き と言う方は 全体の72.5% 嫌いは 25% 
実際に飼っている人は 34.7% 飼っていないは 65.3% でその半数以上が わんちゃん です

全体を100とし 好きな人が72 その内飼育者は 24 半数の12が わんちゃんの飼育者となります
従って 国民の12%の人が飼育者と成ります。

その内 迷子札を付けている人は 33% また避妊虚勢をされている方は 30% です 更に 飼えなくなったら 新しい飼い主を探すが 60% その他は愛護センター 保健所 放棄になります
もっと更に 処分法で殺処分を必要とする人が半数 必要ないという方は 30% 

見て解るように 迷子札を付けている 虚勢避妊をしている 殺処分不要と言う方は 全体の30%に過ぎないのです

これが 現在の ワンちゃんに対する意識なのです 全国民の7割が 動物が好きで 実際飼われている方はその3割で 迷子札、虚勢避妊、殺処分否定者は 更にその3割 全体に換算すると たったの約4%と言う事に成ります。

実際の数とは異なると思いますが 単純計算すると こう言う数字に成ります それ程 意識が低いと言う事ですね

これが 愛犬に対する 関わり方に如実に出ていると言っても過言では無いと思います

名札を付けていない 虚勢避妊をしていない方が7割もいると言う事は どう言う事か・・・・
若し 迷子に成ったら 若し 災害時愛犬が失踪したら・・・東北震災 原発事故の時に その結果が実際に起きました 徘徊する犬が自然繁殖し沢山の 飼育者不在犬がでました。
この事から 生まれたのが 災害時におけるペットの保護救済ガイドライン 生涯飼育の義務 災害時は同行避難です。

前回 前々回から色々と ばやいていますが リスク管理 現状満足 我が子・・・・って何????

確かに このブログを読まれる方は勿論 Facebookで交流されている方は 多かれ少なかれ 愛犬の為に色々とされていると思いますが こう言う交流をされていない方は どうなんでしょうか 疑問ですね

そして 交流されている 自称愛犬家 我が子のように可愛がられている方にも 名札を付けていない方が多い

危機管理 リスク管理されていると言えど 問題行動を問題と思わず 破壊も可愛いから ガウガウも楽しいエピソード・・・

矛盾を感じますね

愛犬と向き合い 沢山 愛犬に話しかけ 育犬をして欲しいものです

と言っても 大多数は こう言う情報も目に留まらない・・・・伝える術が無いから
   
これが 日本の 愛犬に対する意識ですね・・・・悲しいかな

参考サイト

現代のペット事情 - 国民生活センター


ペットとの終の棲家 - 第一生命 (Adobe PDF)

 −−−−−−−【お知らせ】−−−−−−−−−−−−


誠犬塾で一緒に愛犬の事を学びたい 色々と相談したいという方は 下記のリンクバーナーよりホームページをご確認の上 お問い合わせください。

          

誠犬塾ではネットによる研修の場をFacebook誠犬塾グループを設けています 参加希望の方は グループの管理人(誠犬塾代表者)に 友達申請と共に 愛犬の事 悩みや思うことをメッセージでお送りください

誠犬塾は 参加型のグループです 積極的に参加頂ける方を求めています 
情報を得るだけ目的の方は このブログの読者として 記事を参考にしてください。




 
posted by seikenjyuku at 00:00| Comment(0) | essai エッセイ

2017年10月01日

今と昔 Vol-7 犬との係わり

前回 欧米と日本の 人と犬の歴史な面で検証してみました

現在 50代以上(昭和35年以前)の人は 記憶が有ると思います
昔は 柴犬の雑種を拾ってきて 残り物のご飯に味噌汁をかけて 与えていた
どの家庭も 玄関先に鎖で繋ぎ 番犬だった
勿論 ドッグランも無かった ドックカフェ聞いた事も無い・・・・でしょう

終戦後 高度成長期 昭和30年頃から 西洋犬はお金持ちのステイタスのように 大きな庭で飼われていました
庶民は 野良犬の雑種が普通で ペットショップも大都会 高級住宅近隣のみにあり ペット用品は昔ながらの 鳥や金魚を扱う店で 首輪やリード ご飯ようのボール 位でしたね。

今の様な 家庭犬は 昭和55〜60年前頃から始まったと言えます
世間はバブル時期に向かい 生活環境が良くなってきた頃です そしてバブル時期には 最大のペットブームに成りました。

バブルが弾け 玩具のように取り扱いされた ペットは 飼育困難 飼育放棄され 数多くが殺処分されてきました

平成になり 購買意欲が減少したペット業界は 大型ペットショップを展開し 拡張をしてきました
ペットブームの頃の犬は 12〜15年生きるので バブル崩壊後 数は減ったものの それでも沢山の飼育数です 更に イベントや催し物 施設の拡充で 飼育数は増え続けました。

飼育放棄 殺処分が取りざたされ 保護活動が活発となり 殺処分が減り 全国の登録数が 平成15年頃から 就学前の幼児の数に迫る勢いでした
世間では 少子化が進み 近年では 就学前児童数に追いついた状態です。

日本で言う家庭犬の歴史は 半世紀 50年足らずです。

わんちゃんの数に対し 飼育者の意識が付いて来れない状態ともいえます。

現在は 昭和40年ごろと同様の 外飼育も多いと思います
反して 愛犬保護が騒がれ 過剰な飼育環境を唱える方も増えてきました
更には 家庭犬が 家の子に・・・

飼育に関する意識は 更に差が付き 混迷の時代ともいえます

それには 確か足る 飼育法のマニアルが日本には存在し無い事(一応 JKCの飼育管理士の教材としてはありますが 一般的に出回るものとしては皆無に等しい)
しつけの訓練士 トレナーの大多数が 警察犬の訓練法が基本である事 しつけ本もやはり それに準じているものが多いです。
更には 行政 国が全く係わらない 狂犬病予防に厚生省 動物保護に自然環境省が 取り組んでいるだけ
いわゆる 生活 犬育 に関しての行政機関は無いですね・・・

諸外国のように 飼育希望者は講習を受けて 終了した者のみ 飼育か許可される ようにするか
生活 教育に関する行政機関が 取り組むべきことと思います 
 


 −−−−−−−【お知らせ】−−−−−−−−−−−−


誠犬塾で一緒に愛犬の事を学びたい 色々と相談したいという方は 下記のリンクバーナーよりホームページをご確認の上 お問い合わせください。

          

誠犬塾ではネットによる研修の場をFacebook誠犬塾グループを設けています 参加希望の方は グループの管理人(誠犬塾代表者)に 友達申請と共に 愛犬の事 悩みや思うことをメッセージでお送りください

誠犬塾は 参加型のグループです 積極的に参加頂ける方を求めています 
情報を得るだけ目的の方は このブログの読者として 記事を参考にしてください。




 
posted by seikenjyuku at 00:00| Comment(0) | essai エッセイ

2017年09月30日

今と昔 Vol-6 日本と欧米

まだまだ続くよどこまでも 親父のぼやき〜

なぜこう愛犬に対する意識が日本人は低いのか
日本と欧米の 「今と昔」をみると ヒントがありそうですね

日本でペット産業とは何時からあるのか・・・

以前にもたぶん触れたと思うけど 昔は ペットと言えば 鳥と金魚 だった
犬や猫はどうか 猫は元々 野良猫が大多数 犬はと言うと一部の人による 狩猟 闘犬 (土佐・甲斐・紀州・秋田など) と言う特殊な扱いと 由一家犬だった 柴犬 その他は これもやはり 野良犬が大多数だったと思う

その後戦争となり 敗戦し 進駐軍が日本に駐留 西洋犬を多く持ち込み その繁殖を依頼した事から 繁殖所 ブリーダーが仕事として始まった
進駐軍が不在となって 繁殖犬の行き先が無くなり 一般家庭用にと 今日のペット産業が生まれました。 

飼育法はと言うと 戦時中 一部の作業犬が軍用犬として訓練され その流れのまま 警察犬と成った背景から 国家試験同等の資格として 警察犬訓練士 が誕生した訳です。
従って 犬の飼育法に関しては 何も無く 警察犬訓練士が訓練する 又は 訓練士に学んだ人が しつけを行う 今のトレーナー(国家資格ではなく終了証)ですね と言う事と成った訳です

そして 元々 特殊な犬を扱っていた団体やクラブが JKC日本ケンネルクラブを作り 家庭犬の訓練やしつけに携わった事から 公に認められた組織として 飼育兼管理士 と言う 国家資格相当の士が付けられたわけです。
★ 現在 動物取扱業の許可は 管理者が 士の付く資格若しくは 認定が必要です

欧米では 古来から 狩猟犬 牧羊犬 救助犬など多くのワーキングドックが存在し 人と犬の歴史も古く長いものです
幼少期は基本 生活習慣のしつれをされ 1才位から仕事を教えられ 訓練されてワーキングドッグになります
そして 老後は作業引退犬として その家庭か 里親先で余生を過ごすのが普通だった為 多くのシェルター(引退犬の保護施設)が存在し 一般家庭に家庭犬として第二の犬生となったと思われます

シェルターでは家庭犬用に再訓練され 一般家庭に行く事になるので しつけ はほぼ不要だったと思われます
欧米には 犬と暮らすと言う 風土が 古来から有ったわけですね

こり歴史的 背景からどうおもわれますか

続きは次回に

 

 −−−−−−−【お知らせ】−−−−−−−−−−−−


誠犬塾で一緒に愛犬の事を学びたい 色々と相談したいという方は 下記のリンクバーナーよりホームページをご確認の上 お問い合わせください。

          

誠犬塾ではネットによる研修の場をFacebook誠犬塾グループを設けています 参加希望の方は グループの管理人(誠犬塾代表者)に 友達申請と共に 愛犬の事 悩みや思うことをメッセージでお送りください

誠犬塾は 参加型のグループです 積極的に参加頂ける方を求めています 
情報を得るだけ目的の方は このブログの読者として 記事を参考にしてください。




 
posted by seikenjyuku at 00:00| Comment(0) | essai エッセイ