2017年04月05日

子は親を見て育つ・・・

また 随分サボってしまいました
今日は 同じ犬種なのに どうしてこうも個体差が有るの・・・
と思われる方も多いと思います 今日はこの事に付いて少しお話をします。

以前にもお話しましたが わんちゃんは 生まれる時 6〜8頭生まれます
その時 長男長女気質のアルファー型 次男次女気質のベーター型 そして末っ子気質の シーター型に分かれます
これは 人と違い 一度に兄弟を形成する為に 親の遺伝子を両方から強い物 片方から また 両方から弱い型を受け継ぐと言われています。

昔のブリーティング(繁殖)では 概ね アルファー型は 犬舎に残されたり ワーキングドッグとして訓練され ベーター型は 一般家庭に そして シーターは川に流されたと言われています

しかし 最近のペットショップではそう言う事も無く 一様に新しい家庭に貰われてゆきます。

この アルファー ベーターと言う関係で 兄弟を形成していれば(専門の犬舎 ブリーダー 自家繁殖で生後3ヶ月 親兄弟から離されていない環境)
必然と群れ意識や社会性の基本を身に付け 新しい家庭に行くのですが・・・
ペットショップには そう言う関係を築く前に 親兄弟から離され 新しい家庭に来ることが多いです

従って ある意味 一人っ子気質に成ったり また 新しい家庭の親代わり パパやママの影響を強く受ける事になります。

人の子も 親の背を見て育つ・・と言うように 愛犬も飼い主さん パパやママを見て育ちます

例えば 愛犬との会話方法 る〜くちゃ〜ん とゆっくり 長く呼ぶと その波長で 物事を判断します
のんびり屋さんに成ったり 反応がゆっくりとか 指示に対して 曖昧に成ったりします。

逆に ルーク座れ るー来い と短く指示を出す事が多いと 波長が短いので 反応も早くなります

アジリティーやドッグスポーツを見ると コマンドが短く 機敏に指示を出していますよね あっと言えば うんと答える 阿吽の関係のように

ワンちゃんは誉めて伸ばす と良く言いますよね〜 
言葉が長いと 良い事をした瞬間 悪い事をした瞬間を逃し 少しずれて 誉めたり 𠮟ったりに成る為 本当に誉める所 𠮟る所で誉めたり 𠮟ったりが出来ていない事に成り 指示に対して 曖昧に成ります。

一番良い方法は 
誉める時も 𠮟る時も 基本 言葉は 短く早く 伝える事です 良し NOの様に
そして 誉める時は 声のキーも高く嬉しそうに 𠮟る時は低くです
更に 誉める時間は沢山長く 𠮟る時間は極端に短くです

ここで問題です

愛犬には 常に る〜くちゃ〜ん ダメですよ〜 と言う
しかし 家の人に対して 何時もキツイ口調で話している 
それを見ている愛犬は どうなるか・・・

また 愛犬には 何時も癒され ニコニコしている
でも 家事や仕事で何時もイライラしている・・・
と 愛犬はどうなるか・・・

ワンちゃんは 人の話す言葉を理解している訳では有りません 
パパやママの 話し方 言葉の波長 キーの高さ 
更に パパやママの感情の不陸 更に 顔の表情を見て 
物事を理解したり 判断をしています。

その日常から 行動や反応の基本が形成されると言う事ですから
愛犬は どうなりますか

私は たまに わんちゃんを見れば その家庭の事がわかります と言います

元々持った 遺伝子だけではなく 日々の生活環境で 愛犬の個体差が生じるのです。

しつけ本や色々な書物で リーダーは毅然とした態度で と良く有りますよね

この毅然としたと言う意味は 強く正確に 何時も平常心と言うだけではなく 何時も誰に対しても同じ と言う解釈が良いと思います

愛犬に対しても 家族や色々な人に対しても 同じ態度で居る事

人だから 機嫌の悪い時もあります 
そう言うときに 愛犬にはニコニコして癒される でもイライラで他の者や物に当たると 毅然としたには成りません

愛犬は ママやパパの機嫌が悪いのは 自分の事では無い あの人だ あの犬だ これか あれか と迷い ストレスとなり 物を壊したり 噛んだりする子に成る時があります

機嫌の悪い時には ママはちょっと機嫌が悪いから 大人しくしてなさい・・・・と言う態度
機嫌が良いから 沢山遊ぼう で良いと思います
人の子を育てるのと同じですね

−−−−−−−【お知らせ】−−−−−−−−−−−−

誠犬塾で一緒に愛犬の事を学びたい 色々と相談したいという方は 下記のリンクバーナーよりホームページをご確認の上 お問い合わせください。

          

誠犬塾ではネットによる研修の場をFacebook誠犬塾グループを設けています 参加希望の方は グループの管理人(誠犬塾代表者)に 友達申請と共に 愛犬の事 悩みや思うことをメッセージでお送りください

誠犬塾は 参加型のグループです 積極的に参加頂ける方を求めています 
情報を得るだけ目的の方は このブログの読者として 記事を参考にしてください。
posted by seikenjyuku at 01:36| Comment(0) | essai エッセイ

2017年03月13日

食べたいな〜でも ママのだから・・・

今日は 先日 ママがFacebookで 生地を上げたところ ???と言うコメントが入りました。

コメントをされた方がどんな意図で ママに何を伝えたいのか ちょっと疑問でした

アップした画像です



コメントは「これは、犬ちゃんよう? 見てるだけではかわいそう。」と言うものでした。

単純に解釈すると 人用の食べ物を見せて写真を撮る 見せるだけでは 可哀相・・
「見せないで・・」と言う意味 それとも 「少し分けてあげてね」と解釈するのかな

我が家では 基本 私達が食事する時 愛犬を別の場所 サークルやケージに入れたりはしません



勿論 欲しいだろう 写真を撮ろうとすると 椅子に乗り 臭いをかいで 旨そうやな〜 欲しいな〜 と言う顔表情をします。

でも 絶対に 食べたり 取ったりはしません・・・
得に この子は 絶対にそう言うことはしません



机の下で お利口さんに座っている子は 目を離せば 見ていなければ 食べるかな(笑)
机には乗らないけど 最大限に身体を伸ばし 前足でお皿を引いて 食べるかな(笑)

でも 私が居る限り 催促で吠えたりもしません ずっと座って待っています。

では 何故 この子達が許しも無く 食べたりしないのか

これは 彼らの本能なのです 人とワンコが長い歴史の中から 人と共存し 人の役に立ち そのご褒美として 食物を分け与えられていたからです。

自分の親 その親 更にその親・・・・祖先から 受け継いだ 遺伝子に組み込まれた 本能なのです

勿論 動物的本能も存在しますから 目を離したり 食べ物を手の届く所に放置すれば 取る・・のも本能です。

では 何故 個体差が付くのか 写真のような状況において 許可無く 取ったり 食べたりするのか
更には 机に乗って食べたりするのか

今 一般的な家庭で 生活するわんちゃん達は 親犬からそう言った ルールやマナーを学ぶ前に 親犬から離され 新しい家に来ているからと言う点が 一番の原因です。

母犬でなくても 先住犬が そのルールとマナーを習得していれば 後から来た子は それを真似て学びます

遺伝的本能が無ければ 学ぶ事も無く 自我だけで行動するのが 自然界の動物ですが ワンちゃんは 遺伝的本能を持っているので 上手に導けば 本能的に学びます。

では どうするか

飼い主さんが 「ちゃんと 親代わりをしているか したか」です。

飼い主さんが 机の上で食事を取り 愛犬は床で食事をする この関係を十分に構築する
そして 飼い主の食べ終わってから 残りをおすそ分けとして 与える

この2点を 明確に曖昧にせず 厳格に続ければ 愛犬は パパやママが食べている間 ちゃんと待ちます
それは ちゃんと 最後に 少しだけくれるから と認識しているからです。

ドッグトレーナーや訓練士で 人の食べ物を絶対に与えない・・と言う 方も見えます
ドッグフードしか与えない と言う方もいます 否定はしません

しかし 私は こう思うのです

家の中だけで 外に連れ出さない または連れ出す為に 警察犬並みに厳格な躾をさせる
確かに そうすれば 人の食べ物を欲しがらない 盗み食いをしない・・かも知れません

犬の躾法を熟知した 訓練士なら可能でしょう 

でも 一般の人にはそんな躾は無理です。 

愛犬仲間と一緒に遊びにも行きたい 楽しく暮らしたい・・・と言うのが殆どでしょう
必然と 曖昧に成ります・・・

結果 ゴミ箱をあさった カップ麺をやられた・・ と言う 記事も多々見受けます。
愛犬も反省 取れる場所に置いたママも反省〜 

普段なら 笑って過ごしてしまう・・・・のが 普通かも 

でも もっと大切な事が有るんです

若し 災害が起きて 避難生活を余儀なくされた場合を想定して下さい

公的な避難所での避難生活 自助で愛犬仲間で集まって避難生活 がこの先絶対に無いとは限りません

そんな時の為にも 人が食べている間 吠えたり要求せず 待つ子に育てることは 共同生活では必要な事です。

愛犬は 永遠の二歳児です 今からでも 出来ます。 
見てるだけでは可哀相と思わず ちゃんと待たせる 要求させない 
毎回でなくても 食べられる物の時だけで良いです 少しだけおすそ分けを与えて下さい
お利口にしていたら 違うおやつでも良いです 少しだけご褒美をあげて下さい


−−−−−−−【お知らせ】−−−−−−−−−−−−

誠犬塾で一緒に愛犬の事を学びたい 色々と相談したいという方は 下記のリンクバーナーよりホームページをご確認の上 お問い合わせください。

          

誠犬塾ではネットによる研修の場をFacebook誠犬塾グループを設けています 参加希望の方は グループの管理人(誠犬塾代表者)に 友達申請と共に 愛犬の事 悩みや思うことをメッセージでお送りください

誠犬塾は 参加型のグループです 積極的に参加頂ける方を求めています 
情報を得るだけ目的の方は このブログの読者として 記事を参考にしてください。
posted by seikenjyuku at 18:34| Comment(0) | essai エッセイ

2017年01月12日

ペット業界について

今日は 愛犬のことではなく ペット業界に付いてちょっとふれてみます

昨今色々と話題に成る 保護犬放棄犬の殺処分 生態販売(ペットショップの転売)の廃止問題です

殺処分0に付いては 以前にも触れたことが有ります 
現在国内での保護犬の保護原因は 飼育放棄は概ね 1〜2割程度に減っています
繁殖所やショップの廃業に伴う飼育放棄は 飼育放棄保護の中でも更に 2割程度です
殆どが 一般家庭で飼育困難になり 放棄されてわんちゃんです

保護犬の一番多いのは 迷い犬なのです 迷子になったワンちゃんが 非常に多いのです
迷子犬の6〜7割は 元の飼い主さんの元に戻りますが 飼い主不明のワンちゃんが 約3割います

保護犬の中で 飼育放棄と飼い主不明の中で 高齢犬 威嚇の強い子 疾患や病気の子を除き 譲渡対象に成ります 
譲渡対象から外れた子達は 地元の保護団体が引き出し 手当てをしたり 再しつけをし 譲渡されています
従って 相当な高齢犬 重い病気 再しつけが困難とされる子は 残念ですが 殺処分と成ります。

県によって随分差は有りますが 殺処分は 過去10年で随分減っているのも現実です。

では 何故減らないのか・・ 
一番の問題は 飼育責任に関しての意識の低い飼い主が多いと言う事です
安易に購入し 環境の変化で飼育放棄したり 酷い人は自治体に愛犬の登録すらしない人もいます
迷子札も付けない 迷子に成っても 探そうともしない人もいます
探したりして 保護センターで似た子を見つけても まともな躾をしていないので 呼んでも来ない事から 自身のの子と断定できず 引き出しできない事もあります

そこで 矛先が そう言う人達に 安易に売りつける ショップを減らす 廃止すると言う方向に向いているのも事実です。
確かに 悪徳業者 酷い環境での繁殖所も多々有りますが きちんと整備し販売に関しても責任を持って営業されているショップも多く有ります。

動物愛護法や 動物取り扱い業など 法で随分規制されてはいますが なかなか良い方向に進まないのも事実です。

何故か・・・

そもそも 日本におけるペットに関する法や規制は まだまだ最近出来た事ばかりなのです
今でこそ 愛護センターが 動物愛護に関して活動されていますが 所轄は 自然環境省です
皆さんもご存知の 愛犬登録は保健所 昔は迷子の保護も保健所が多かった 保健所の所轄は 厚生労働省です

厚生労働省が主な所轄だったのは 日本も昔狂犬病が多く見られた為 人命優先からその駆除として 飼育者不明犬は 捕獲され殺処分がされていました。

そもそも 犬を飼うと言う習慣の無い日本 勿論 昔から日本犬(柴犬やその雑種)を飼う事はありましたが ペットと言うより 番犬でした
その他は 軍用犬 狩猟補助犬 闘犬と言う 特殊な家畜 ワーキングドックは居ましたが 一部です

では 何時から ペットとして犬が認識されたか 
観賞魚(金魚) 小鳥鳩などは 江戸時代からその繁殖や販売の歴史は有りますが
犬に関しては 敗戦後 進駐軍が持ち込んだ愛犬を 進駐軍が飼育する為に 日本国内で繁殖をさせた事が始まりと言われています。

その後 高度成長時には 外国の犬種がもてはやされ バブルから一般家庭でのペットとしての飼育が増え それに伴い 繁殖所 ペットショップが増えていったと言う経緯が有ります

従って 犬の販売を管轄する公的機関の動物愛護法 動物取り扱い業などは 後付で作られたもので 元々は 繁殖や販売をしている事業者が 団体を作り 日本愛玩動物協会 ペットフード公式取引協議会 日本動物愛護協会・・など 全てが民間団体なです

愛犬のしつけに関しても 公的に認められているのは 警察から委託された組織 警察犬訓練士のみが国家資格同等(運転免許と同じ)です
一般的に言われる ドッグトレーナーとは 警察犬の訓練士が指導し 卒業証証 又は 終了証証 でありやはり 団体の認定であり 公的な資格では有りません
唯一 公的な資格として認められているのが ジャパンケンネルクラブ(血統書発行団体)JKCの飼育管理士 訓練士です

ペット業界とは 元々 何の所轄も無い事業者の団体 協会が営み それを 管理しているのは 自然環境省と言う事に成ります

何故 生態販売が廃止に成らないか・・・解りますよね

欧米諸国は ワーキングドッグと言う 飼育環境の歴史が有り 公的な機関が規制や管理をして来たので 生態販売(転売)の禁止が可能です
元々 各種犬種 仕事に応じブリーダーが存在し 生態販売は ブリーダーが繁殖から販売も兼ねていましたので ペットショップと言う業態は その補足的な存在だったからです

しかし 日本では そう言った 歴史も無く 愛玩動物としてのペットショップが 同業者による団体を介し増えて行ったとも言えるからです

業界としては 生き物と言えど商品 ビジネスです 規制が強くなったり 生態販売の禁止は 死活問題ですから 一気に規制には出来ないでしょう
先ずは 繁殖環境の改善 ショップでの販売方法などの規制を厳しくし 悪徳業者を減らす事しか出来ないのが現状と思います。

では 殺処分0に近づける為には

先にも書いた通り 飼育者の意識向上です 

1人でも多くの飼育者に 飼い主さんに 迷子にしない 名札を就けましょう 飼育放棄は絶対しない・・・と呼びかける 啓蒙活動に尽きると思います。

ドッグランに来られた方に 名札を付けて下さいね わんちゃんとは・・・とお話をしています
皆さんも 散歩や公園で知り合った仲良しの愛犬仲間に 名札の着用など なかなか難しいと思いますが 声をかけて下さい

名札を付けるいるワンちゃんが増えれば 迷子に成っても直ぐに家に戻ることが出来ます
名札着用の啓蒙活動は 誰にでも出来る 保護活動です。

 



 
posted by seikenjyuku at 23:48| Comment(0) | column コラム