2017年12月22日

年末おさらい編 カラーとリーシュ Vol-3

前回は 使い方の前に ハーネスと伸縮リードの危険に付いて書きました

皆さん知らないだけです 伸縮リードの事故は本当に多いのです
誰も その事故の事を記事には書きません 交通事故にあったなんて書きませんよね
絶対に使わないで下さい。

さて 先ず 首輪(カラー)の付け方です

皆さん何気なく カラーを付けていますが 殆どの方が間違っています 
正しい位置は 顎の下から 耳の付け根に掛けて付ける形です


(ドッグショーの画像引用)

首の付け根にカラーがありますよね この位置なら 引いても苦しくなりません



(ドッグショーの画像引用)

実際に歩行している画像です リーシュ(リード)は横ではなく 上に引いているのが解りますか


(ドッグショーの画像引用)

愛犬との距離を保ち短く持っています 付いての状態ですね
更に 持ち手 指に軽く掛けているだけです


(ドッグショーの画像引用)

フリー歩行でも リード一杯の長さを使っても やはり上に引いています


(腕白オヤジと愛犬)

日頃 常にこの引き方をし この距離を愛犬が習慣として学習すれば 離れず歩行します
ドッグランで ノーリードで歩いても 何時もと同じ距離感で歩きます

例え 前に出ても 距離感を学習していれば 立ち止まり アイコンタクトをして来ます


(腕白オヤジと愛犬)

先日 某テレビ局の番組で 俳優の坂上さんが 車に挑むわんちゃんの行動にアドバイスしていました
リードが長すぎる 付いて歩く距離の長さを指示し 暫く散歩練習と成りました
10日足らずで 車に挑まなくなり ママの傍を歩くように成った・・と言う話でした

愛犬が引くから・・・ではなく 愛犬を引かせているのは パパやママです

お子さんと手を繋いでお散歩〜 と同じ様に 常に直ぐ隣を歩く 歩かせる習慣を付けさせる事です
その為には リードは長さ一杯に使わず 愛犬のサイズに合わせて 一番良い長さで手を引きます

先にお話した通り リード(リーシュ)と首輪(カラー)は手の延長なのです
何時も 手を繋いで歩く感じです 

子犬が 母犬に首の後ろを軽く咥えられ安心して歩く それを 代用しているのが リード(リーシュ)と首輪(カラー)です


 −−−−−−−【お知らせ】−−−−−−−−−−−−


誠犬塾で一緒に愛犬の事を学びたい 色々と相談したいという方は 下記のリンクバーナーよりホームページをご確認の上 お問い合わせください。

          

誠犬塾ではネットによる研修の場をFacebook誠犬塾グループを設けています 参加希望の方は グループの管理人(誠犬塾代表者)に 友達申請と共に 愛犬の事 悩みや思うことをメッセージでお送りください

誠犬塾は 参加型のグループです 積極的に参加頂ける方を求めています 
情報を得るだけ目的の方は このブログの読者として 記事を参考にしてください。
posted by seikenjyuku at 00:00| Comment(0) | essai エッセイ

2017年12月20日

年末おさらい編 カラーとリーシュ Vol-2

前回は カラーとリーシュの意味に付いてお話しました

使い方の前に 一つ

家の子は引きが強く 首輪で苦しそうで 可哀想だから 胴輪(ハーネス)を使ってます
更に 引きが強いからと リードでは動き難いから 伸縮リードを使っています・・・・
と言う方が 多く見受けます

ハーネスは元々 犬ソリを引いたり 荷物を運ぶ為に使った道具 重いソリや荷車を繋ぐ為の道具です

犬達は ハーネスを付けられた事で 本能的に引かなくては 仕事をしなくては・・・と衝動に駆られているのです

リラックスや軽運動の為の散歩が 仕事に成っています 本当に可哀想ですよね

カラーとリーシュで 良い関係が生まれ 常にリーシュの長さ 足付き歩行が 自然に出来る子
会話でコントロール出来る事から リーシュ無し(ノーリード)で歩行可能ですが・・・ 
若しもの事を考え カラーにリーシュを付けず ハーネスに付けるのが 本来の形です

そして 伸縮リードもしかりです 散歩の時何故必要なのか
足付きが出来れば 長さは必要ありません 何時もパパやママにアイコンタクト(指示の確認)をする子は 傍を離れません

足付きが出来ない アイコンタクトが曖昧だから 引きが強いから伸縮リードを使う・・・ 
愛犬を思うから・・・エッ意に反していませんか パパやママが 危険にしているのですよ・・

伸縮リード 引いても引いても 止まらない パパやママの指示が伝わらない どうしたら良いんだろう・・と迷走しています 不安一杯 リラックスにも成らない 本当に可哀想です

制止が出来ない子 呼び戻しが不安・・そんな子が 突然走りだし 目の前で 車に引かれる事も在り得ます

伸縮リード程 危険な物はありません

飼い主さんが思う事と 愛犬が感じている事が 真逆なのです これでは 意思の疎通もあった物では無いですよね
見ていて 愛犬も パパもママも ・・・・・残念です

多くの方が 誤った認識をしています ペットショップや雑誌の広告で安易に使っていませんか

引くから ハーネス 伸縮リード 真逆です 危険にしているのですよ

引かない子になれば ハーネスも伸縮リードも不要ですよね

訓練しなくても ちゃんと出来ます 日々の習慣で覚えられる事です

愛犬と良い関係を築き 楽しい散歩にしたいものです

次回は カラーとリーシュの使い方に付いて 書きますね


 −−−−−−−【お知らせ】−−−−−−−−−−−−


誠犬塾で一緒に愛犬の事を学びたい 色々と相談したいという方は 下記のリンクバーナーよりホームページをご確認の上 お問い合わせください。

          

誠犬塾ではネットによる研修の場をFacebook誠犬塾グループを設けています 参加希望の方は グループの管理人(誠犬塾代表者)に 友達申請と共に 愛犬の事 悩みや思うことをメッセージでお送りください

誠犬塾は 参加型のグループです 積極的に参加頂ける方を求めています 
情報を得るだけ目的の方は このブログの読者として 記事を参考にしてください。
posted by seikenjyuku at 00:00| Comment(0) | essai エッセイ

2017年12月18日

年末おさらい編 カラーとリーシュ

今年ももう少しに成りましたね〜
この一年 愛犬と沢山 お話をしましたか・・・

さて 年末と言う事で 一年のおさらい として くどいようですが 首輪とリードに付いてお話します。

首輪とリードに付いては 色々と言われていますよね〜

首に首輪は可哀想とか リード 紐で繋ぐ・・・家畜

以前にも書きましたが 歴史から考えみて下さい

若し 家庭犬 愛玩犬 と言うなら 随分昔から 首輪やリードに代わる物が生まれていても 不思議では無いと思うのです
何故 何万年もの間 首輪とリードだったのでしょうか

日本では 犬との今日のような関わりは 一部の狩猟者以外無く 家庭犬 と言うとつい最近まで 番犬 外飼育と言うのが普通でした。
従って 係留道具として 首輪と綱(リード)が一般的に成っています

しかし 海外では 首輪はカラーと呼び リードはリーシュと言います
リーシュの語源は リース 契約・約束と言う意味です(何度も話していますよね)
仕事を手伝う代償に ご飯と寝る場所与えてもらう 相応が共生する為の約束だった訳です

ではどうして この様な形に成ったのか・・・
勿論 最初は狼を餌付けする為に 逃げないように係留する為の道具だったでしょう
しかし 狼から犬へ改良進化される経緯で その役割 形 使い方が徐々に変化したのでしょう

手を使えない 四足の犬 親犬は子犬の育児 しつけをする時 子犬の後ろ首辺りを咥えて 運んだり 誉めたり 叱ったり その様子を真似て 人も 育犬やしつけをする際 同じ様に首の後ろを掴んでして来ました。

過敏に動く犬 手が届かない事から 手が届く様に 手と腕の延長として カラーとリーシュが生まれたのです。
カラーとリーシュを引く事で 首の後ろを掴む(咥える)動作と同じ役割をする道具として生まれました
言い換えれば 親犬の代わりの道具なのです。

長い年月 この様にして 犬と人が 意思の疎通 信頼関係を カラーとリーシュによって培うがって来ました。

祖先 先代から 犬の本能には DNAには 人と犬との関係で大変大切な物として受け継がれてきたのです。

従って カラーを付けている事で何時も親犬と一緒 親代わりの人と一緒に居ると言う安心かがあるのです

カラー(首輪)を外す事は 不安を与える事に成ります どうか常に付けていてあげて下さい

出来れば 散歩用(首に負担の無い幅広でソフトな物) 訓練用(ハーフチョーカーの様に合図が伝え易い物) 室内用(柔らかく可愛い物+名札)と使い分けがお勧めです

次回は カラーとリーシュの使い方に付いてお話します

 −−−−−−−【お知らせ】−−−−−−−−−−−−


誠犬塾で一緒に愛犬の事を学びたい 色々と相談したいという方は 下記のリンクバーナーよりホームページをご確認の上 お問い合わせください。

          

誠犬塾ではネットによる研修の場をFacebook誠犬塾グループを設けています 参加希望の方は グループの管理人(誠犬塾代表者)に 友達申請と共に 愛犬の事 悩みや思うことをメッセージでお送りください

誠犬塾は 参加型のグループです 積極的に参加頂ける方を求めています 
情報を得るだけ目的の方は このブログの読者として 記事を参考にしてください。
posted by seikenjyuku at 21:07| Comment(0) | essai エッセイ