2016年10月08日

狼の群れから学ぶ

今日は 狼の群れから学ぶと言うテーマで少し書きます

以前にも書きましたが 犬は狼が祖先と言われています。 
犬が人と暮らし始め 同じ仲間の狼 犬と群れで行動する事が減りましたが 飼い主 主人を中心に 家族と言う単位を 小さな群れとして生きてきました。

また 生活圏で複数の家族と行動を共にし 家族と言う小さな群れ 集落の仲間家族で大きな群れで生活してきました

説明に良いと思われる画像を 他のサイトから借りてきました



1枚目の写真は 先頭に大きな狼 その後ろに 小さな狼 その後ろには中堅の狼と言う群れを形成しています。



2枚目は 素手の生活の様子です



3枚目は 群れで集まっている様子 解りますか 身体の大きなボス その前に 若手の狼が居ます



群れでのスキンシップの様子です 3枚目も4枚目も 全てが同じ方向を見ています。
この群れの行動は 哺乳類四足歩行の肉食獣に共通する形です

人は 狼を餌付けし 犬として暮らすようになって 色々な面でこの動物の群れ行動から学びを得ています
戦の多かった昔 兵隊さんは 幾つもの小隊を組み大きな隊を形成していましたが その小隊こそ 動物の群れです。

戦場で 大きな大隊が行軍する時 必ず複数の小隊が 斥候に出ます その時の小隊の配置が パトローリングと言う配置でした



@が 小隊長若しくは軍曹 Aは経験豊富な二等兵 Bは伍長若しくは救護兵 CDは二等兵 EFGは新兵と年齢経験で番号が振られ 配置に付いていました

ボーイスカウトでは 班長を1番スカウト 次長を2番スカウト ・・・と順に呼んでいました

この配置を参考に 家族と言う単位で考えると 昔は大家族だったので @は父(ボス) Aは長男(強いリーダー) Bは長女(賢いリーダー)又は母(世話をするリーダー) CDが次男次女 EFGが 下の弟や妹で 行動していたと思います

これを 今の家庭にすると・・・少子化でこのは位置になりませんね(笑)

@がパパ B若しくはCがママ そうすると Aが愛犬と言う配置に成ってしまいます
結果 家族を擁護する位置になり 前をぐいぐい進み 前から来るワンちゃんや人に対し 吠えてしまう事に成ります

1人と一匹は パパと愛犬 ママと愛犬 の場合は いわゆる バディーと言う形に成ります バディーとは ボディーと言う意味で 二人が一緒に行動すると言う意味ですから 主従 正と副の関係が保てます

しかし 飼い主1人愛犬2匹  飼い主2人愛犬1匹 に成ると バディーには成らないので 主従 正と副にも成りません 更に バトローリングと言う組織(群れ)にも成りません

それらを補う学習が 社会化なのですね 擬似的に群れを形成し 愛犬の立ち位置を認識させて 小さな群れでも 役割を明確に理解させる事が大切なのです

お子さんが複数人みえる家族や 多頭飼育をされている家庭では 家族の人の数 愛犬の数で 自然とこの群れが(パトローリング)形成されるので この理屈を理解すれば容易に出来ます。

特に多頭飼育されている 5匹以上の多頭飼育の場合 散歩や移動する時 飼い主を中心に 愛犬の先住順位 年齢順位 性別を考慮して 配置すると 上手く行きます
これを間違うと 多頭飼育でのコントロールは非常に難しくなりますので 要注意です。

狼の群れから 多くの事を学ぶ事ができますね

 −−−−−−−−−−−−【お知らせ】−−−−−−−−−−−−
誠犬塾で一緒に愛犬の事を学びたい 色々と相談したいという方は 下記のリンクバーナーよりホームページをご確認の上 お問い合わせください。

          

誠犬塾ではネットによる研修の場をFacebook誠犬塾グループを設けています 参加希望の方は グループの管理人(誠犬塾代表者)に 友達申請と共に 愛犬の事 悩みや思うことをメッセージでお送りください

誠犬塾は 参加型のグループです 積極的に参加頂ける方を求めています 
情報を得るだけ目的の方は このブログの読者として 記事を参考にしてください。
 
 

posted by seikenjyuku at 22:39| Comment(0) | essai エッセイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: