2016年07月28日

俺は散歩なんてしたくないんだ・

今日は ジャックの面白話しなどを・・・・

以前見た 記事・・だったかな

ジャックは毎日相当量の散歩が必要・・・と良く言われていますが

その記事には ジャックの勝手に台詞として

「俺は散歩なんてしたくないんだ・・・もっと激しい運動がしたいんだよ」

と書いてありました。

そうなんですよね 日々の散歩より 週に一度で良い 3〜4時間 野山を走り回り 穴に潜り 枯れ木を飛び越え 獲物を追う・・・そう ジャックの本来のスタイル 狐狩りがしたいんですよね


元々 ジャックは 狐狩りの狩猟犬として育てられ 普段は家の中 テラス等で だらだらと寝てばかり・・・(笑)

そして 飼い主に同伴し 狐狩り(お仕事)に行き 飼い主さんに喜んで もらえる様に 一生懸命お仕事をして来ました。

また 別のジャックは 家の敷地内にある 家畜(取りやウサギ)を狐から守る為に 普段は庭の見えるテラスで 昼寝をしながら監視 家畜を襲いに来た 狐を追い払う 時には 追いかけ巣まで追い込み 捕獲したりして来ました。

そんなジャックが 狐狩りという仕事を失い 家庭犬に成っても 資質として 本能として残っているんだから・・・・きっと 仕事がしたいんだと思います。

ジャックが破壊王とか 暴れん坊と言われるのは 仕事が無いから 体かむずむずする 仕事がしたい・・・・と言う思いが 行動として現れるのではないかな

けして ジャックは破壊王でも 暴れん坊でもないんです

本当は 何時も飼い主さんに忠実で 指示された 仕事を全うし 誉めて貰う事に 生甲斐を感じる 賢い子なんです

仕事の無いときは 一日中甘えて ゴロゴロ (笑)いざ仕事のときの為に 心身共にを養っているんですね〜(笑)

そうそう こんな記事を見た事があります

人がジャックに 小枝を投げたら その何倍もの枝を咥えて戻って来た そして 体の何倍も有る 小枝と言うより 木をみて「これは無理だろ」 ・・と言ったら 木を咥え ひきづって来た・・・

その顔は「ジャックをなめるなよ・・・」 と言う どや顔・・・・爆笑でした

ジャックに限らず 殆どの犬種は元々ワーキングドックであったワンちゃんです。 
そんなワンちゃんが家庭犬になった訳ですから 何でも良いんです 「お仕事」と言える事を 与える事で 期待以上の 仕事をします

それが フリスビーであっても フライボールであっても アジリティーであっても 例え 簡単なボール遊びでも 仕事だ〜と伝えれば 期待以上に・・・・・飼い主が ヘトヘトに疲れるまで 頑張ります

そして どうだ 頑張っただろ 誉めてくれ・・・・と 言う顔をする事でしょう(笑)
posted by seikenjyuku at 22:24| Comment(0) | essai エッセイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: