2016年11月09日

親と子の関係

今日は 親子の関係 について触れてみますね

この3枚の写真を見てどう思われますか 
皆さんはどんな感想をお持ちになりますか

この時ママさんは「うまうまを貰うときは ちゃんとお座りしな アカンねんでぇ〜」と 話しかけています。







どうですか 何か感じる事ありますか
仲良し親子 良い感じ・・ 凄〜い 犬使いや〜とか (笑)

確かに みなお利口さんに 指示に従い 座って待っています お手本の様に出来ていますよね 

実はこの写真には 幾つかのポイントがあります。
愛犬との関係を ごくごく普通に自然に 素晴らしい状態で 行っています。

まずは 愛犬達を呼び寄せる 来いとか集まれ〜と言うコマンドではなく
ポイント1.ママさんが 声をかけることで 皆が ママに注目し 集まってきます。

「なぁ〜みんな」「ウマウマを貰うときはな・・・」と 話しかけます
コマンドでは 来い ですね



この時 皆は集まってきて 中には立っている子 もいますが 
ポイント2.みんな ちゃんとママの顔を見ていますよね
(黄色い線は 目線 アイコンタクトです 赤い線は 指示です)

人の子の場合でも 複数の子供さんを呼ぶ時 一番上の子と一番下の子の名前を呼び 皆おいで〜と呼ぶと 連れられて皆が集まってきますよね

そして 「ちゃんとお座りしな〜」 とママが話しかけながら 集中する先を指先に導いています
コマンドでは 座れ ですね



ポイント3.愛犬とママさんの視線 アイコンタクトの線上に手を持ってくる事で 集中の先が手に移動します
ハンドシグナルでは 人差し指を上に向け 集中と言う指示は 座れと言う意味になります

人の子場合でも お子さんとお話をするとき 手振りををすると その手を見て 何々〜と 見ながら 間合いを持ちます
ちょっとしたアクションを何もしないと 横を向いたままだったり 他に興味のあるものがあると 話半分で聞き 集中しませんよね 

次に 「アカンねんでぇ〜」と 言いながら 手の平を下に向けています
コマンドでは 待て ですね
 


ポイント4.集中している手を広げ 手の平を下向きにして この位置で待てと言う合図です
手の位置 黄色い線が この位置と言う指示になります

そして 注意するポイント5. この時 しゃがみ込んでしまうと 甘えん坊のワンコは ママと甘えて引っ付いてきてしまいますから 中腰でこの位置と指示するのが良いのです

人の子でも しゃがむと抱き着いて来てしまいますよね 同じ事です

前回 コマンドと会話でも書きましたが 確かにコマンドは 一番分かり易い言語です 
でも 来い 座れ 待て と言うコマンドと ハンドシグナルを併用し 写真のような一連の動きは出来ます
しかし 1つ1つが異なった 指示 3つの命令になります

しかし 話しかけが使えると 一連の動きが 一つの会話で成立します しかも 一度も命令をしていません

自分の子供に 来い 座れ 待て・・・では ちょっと寂しいですよね 
古〜い武家社会でもあるまいし 昭和の怖い父親でも 来い 座れ 待てとは言いませんよね

叱る時 かつお〜 ここへ来て座れ・・・と 波平さん はありますが 叱る時ですよね

愛犬との 本当に良い関係を築くには 日ごろから 話しかけをして 沢山言葉を認識させていれば このような 会話形式が自然と伝わります。



親子・・・って 感じですよね ほほえましく感じませんか

皆さんも 愛犬と沢山会話をして 沢山の言葉を認識させる
覚えさせるのではなく 耳に聞かせて認識させる 英会話教材の スーピードラーニングと同じ事です

そして 手振り 大きなアクションを加え 愛犬に ママが何を求めているか 何をして欲しいと願っているのかを 考えさせる ことが大切なのです

是非 皆さんも 愛犬と沢山会話をして 楽しい家族になってください

−−−−−−−【お知らせ】−−−−−−−−−−−−

誠犬塾で一緒に愛犬の事を学びたい 色々と相談したいという方は 下記のリンクバーナーよりホームページをご確認の上 お問い合わせください。

          

誠犬塾ではネットによる研修の場をFacebook誠犬塾グループを設けています 参加希望の方は グループの管理人(誠犬塾代表者)に 友達申請と共に 愛犬の事 悩みや思うことをメッセージでお送りください

誠犬塾は 参加型のグループです 積極的に参加頂ける方を求めています 
情報を得るだけ目的の方は このブログの読者として 記事を参考にしてください。
posted by seikenjyuku at 15:35| Comment(0) | essai エッセイ