2017年07月22日

シャンプーと臭い

前回のサマーカットに付いての記事に対し 沢山の「シェア」や「いいね」を戴きありがとうございました。

この時期のシャンプーに付いてのご質問がありましたので 今回はシャンプーと愛犬の臭いに付いてお話したいと思います。

愛犬のシャンプーの頻度(回数)はどの位が望ましいのでしょうか

一般的には 月に1〜2回と言われています 冬場なら2ヶ月に1〜2回程度でも良いと思います。

私個人の考えは 本当に汚れた時 余程体臭(細菌の繁殖臭)を感じられた時で良いと思います。
因みに我が家の愛犬は 洗剤を使うシャンプーは 年に数回ていどしかしていません 普段は 水洗いと拭き取り、乾燥日光浴のみです。

しかし これには 個人差(パパやママの感じ方)と個体差(犬種やコート毛のタイプ)で随分 感し方が異なると思います。

そこで 先ずは 犬 わんちゃんに付いて少しだけ知ってもらいたいと思います

先ずは 環境面
現代は文明が進み 昔と比べて 人の生活環境が著しく変化しています
メディアでも 抗菌 消臭に関連する商品のCMが大変多く 衛生面で個人差が非常に広く感じます
昔はあまり聞かなかった アレルギー(人もわんちゃんも)良く聞きますよね

何故 アレルギーが増えたのか 色々と原因はありますが 免疫学会で共通に言われている事は 生活環境の衛生面です
アレルギーの事をあまり聞かなかった昔は 泥んこ遊びは普通でした 更に今程 抗菌に関する商品もありませんでした
要するに 綺麗にし過ぎが原因だと言う事です。

人もわんちゃんも 体内に抗体酵素を持っています 細菌から身を守る酵素抗体 食物を分解する酵素です
この割合が 良いバランスの場合 アレルギーには成り難いと言われています
過度に衛生面を意識し過ぎる事 偏った食事の摂取から 細菌から身を守る酵素が不要で少なくなり 食物を分解する酵素が多くなると 食物アレルギーに成るとも言われています。

免疫学会では 人の子の生後6ヶ月を過ぎたら 動物園に連れて行くと良い と言う学者さんも居ます
また 母親の母乳を飲む期間の長さも一要因と言われています(粉ミルク=偏った食事)

最近のペットショップは 昔と違い 大変衛生的な店舗が多く また 親犬から早く離され母乳を飲む期間が短く 幼児期からペットフードを食べる事で やはり 抗体や酵素のバランスが悪くなり アレルギーを持つ ワンちゃんが増えたともいえます。

次に ワンちゃんの体に付いて



これは ワンちゃんの皮膚の図です

人にもわんちゃんも 汗をかく エクリン汗腺(ほぼ水分)と 体臭の元と成る アポクリン汗腺(油脂・ヘロモン)の二種類が存在します

違いは 人は エクリン汗腺は身体全体にありますが ワンちゃんは 肉球や鼻の一部 肛門など限られた部位に少し有るのみです

対して アポクリン汗腺は 人は耳や脇の下など限られた部位に有るのみですが ワンちゃんは 粗全身に有ります

わんちゃんの毛穴には このアポクリン汗腺と油腺があります 
油腺は毛に油コーティングをしたり 表皮の保湿や細菌から守る油を分泌しています。
アポクリン汗腺は 同種の固体識別や行動、生理状態を知らせる 分泌物質を出す汗腺です
いわゆる ヘロモン分泌腺ですね(笑)

これは 仲間とのコミニケーションに大きな役割が有り 友好 非友好もこの分泌臭で感じ取ります
雌や雄 年齢 群れの位置付けなどの情報もこの臭いで感じ取るとも言われています

また 極度な緊張、恐怖感の時 やはり分泌します 稀に 白い粉を吹くような事有りますよね  

わんちゃんの生活環境、身体の構造に付いて 少し理解頂けたでしょうか

シャンプーを良くするのに 愛犬が臭い・・・・・その理由は

1.人の臭いに対する感覚が昔に比べ過敏に成っている
2.生活環境が衛生的で 異臭が少なく わんちゃんの臭いが気になる
3.油線から皮膚や毛を保護する 脂分をシャンプーにより取り去られ 細菌が繁殖し易く成っている
4.油腺から分泌される 油脂が臭う(ドッグフードやおやつの脂質によるもの)
5.日頃からの緊張感、恐怖、不安から エクリン汗腺からの分泌が多い 

臭いの対処法
1.2は パパやママの感性の問題ですから これは対処法は有りません パパやママにお任せです

3.は 過度なシャンプーを控える 余程汚れた時意外は 洗剤を使わず お湯で洗い流し 良く拭き取り 乾燥させることで 対応できます
洗剤を極力使わない事で 体毛に十分な脂分が有れば 汚れても難なく汚れは落ちます 
水洗いしても湿気が残らず良く乾燥できます 雑菌の繁殖が少なくなるので 臭いも少なくなります
更に皮膚の保護油も残るので 湿疹に成り難くなります

4.個体差が有りますが その子に合ったフードを選ぶ または 自然食(動物性油分を減らす)にする事で随分変わります

5.ここが大切 愛犬のリラックス度です 常にリラックスが出来る状態が保てるかですね

パパやママとの信頼関係も大切ですね 何時も叱られている ダメダメが多い・・・
どんな時でも 身体の何処を触っても 愛犬が ガウガウ言わない関係に成れば 分泌は殆ど有りません
 
他のわんちゃんとのコミニケーション 友好感 社会性が大切に成ります 顔見知りの仲間 同じ空間に他の犬がいても平然としていられるなどが出来れば 必然と分泌も少なくなります。

1〜5の対処が出来れば 愛犬の臭いは かなり減少します 必然と シャンプーの頻度も減ります

愛犬のシャンプーの頻度は 月に1〜2回・・・それとも 数ヶ月に1回・・・
臭わなければ シャンプーは不要ですよね 汚れを落とすだけなら ぬるま湯で流し 拭き取りで十分になりますよね 

−−−−−−−【お知らせ】−−−−−−−−−−−−


誠犬塾で一緒に愛犬の事を学びたい 色々と相談したいという方は 下記のリンクバーナーよりホームページをご確認の上 お問い合わせください。



誠犬塾ではネットによる研修の場をFacebook誠犬塾グループ(非公開グループ)を設けています。 
参加希望の方は グループの管理人(誠犬塾代表者)に 友達申請と共に 愛犬の事 悩みや思うことをメッセージでお送りください

誠犬塾は 参加型のグループです 積極的に参加頂ける方を求めています 
情報を得るだけ目的の方は このブログの読者として 記事を参考にしてください。

誠犬塾は Dog Field 腕白にて 毎月第2日曜日のJack Day 第4日曜日の腕白Day(愛犬とパパとママの交流会)で ミニセミナーを開いております。 
ご興味のある方は 下のバーナーよりご確認下さい。


 
posted by seikenjyuku at 23:49| Comment(0) | essai エッセイ

2017年07月21日

ちょっと待った!サマーカット

毎年 この時期に成ると記事にしている事ですが
相変らず Facebookやブログで サマーカットにして来ました〜の記事を見るので 今年も書きますね

飼い主さんはペット事業社でもなく 飼育のプロでも無いので 純粋に毛が長くて暑そう〜 可哀相〜 とサマーカットをされる人も多いでしょう

しかし 愛犬のトリミングさんは プロですよね 何故 平気でサマーカットにするのか 何時も疑問に思います。

愛犬に取っての獣毛は 家で言えば 断熱材
外気温を遮蔽し 冬は暖かく 夏は涼しくする 大切なものです
夏に成ったら お家の断熱材を取り外す人は居ませんよね

愛犬に取っての獣毛は 人で言えば 洋服 日傘 の様な物
お肌の為に 日傘やUVカット対策をしますよね 夏だから 暑いからと言って 裸で過ごす人は居ませんよね

何故 大切な愛犬の 断熱効果のある 洋服代わり 日傘代わりの毛を切ってしまうのでしょう

サマーカットにする事でのデメリットは幾つもあります
1.断熱効果を下げる事で 外気温や太陽光を直接あびる事になり 体温の上昇 熱中症の危険が増します
2.紫外線遮断効果を下げる事で 紫外線を直接あびる事になり 日焼けやの危険度が上がります
3.草が茂る時期 裸で走り回るようなもの 湿疹 あせも 草負け 虫刺されなどの危険度が上がります
4.5.6.......まだまだ幾つもあります

毎年 こんな事を良く聞きます
サマーカットにして涼しくなった筈なのに・・
家の中ではACを一日中まわし 涼しいはずなのに・・・・
熱中症で死亡

毎年この時期に成ると 湿疹が酷くなった・・ 蚤やダニに噛まれた・・ 知らない間に擦り傷・・ 

これらは全て サマーカットにした事が原因なのです

サマーカットで散歩をする事で 紫外線や地面の反射熱を直に受ける事で 体温は急上昇します
お家に帰って ACの効いた室内なので安全と思いきや・・
愛犬は 人と違い汗腺がありません 皮膚呼吸が出来ないので 体温を下げる術がありません
従って 涼しい部屋に居ても 体温の低下が遅く 熱中症に成り志望することもあります

人は 体毛が少ない分 皮膚 表皮が厚く丈夫に成っています
しかし 愛犬は獣毛で守られている為 人の皮膚より薄い表皮に成っています
サマーカットにする事で 皮膚を守る鎧 服代わりが無くなり 紫外線を直に受けるだけではなく 
草などで草負けをする事もあります
また 走り回る時 草の折れた茎や 棘で 擦り傷になることもあります
害虫も容易に皮膚に達するので 虫刺されも多くなります

サマーカットにする事で メリットは 何一つとしてありません

唯一メリットのあるとすれば それは ドッグスポーツをするワンちゃんです
激しい運動をするワンちゃんは 運動による体内上昇が避けられないので 放射量を増やす為に サマーカットにします
それでも 運動が終了した後は 冷たい水で体温を下げたり クールダウンは必ずされます

一般家庭のわんちゃんは 其処までの運動をしないので クールダウンもあまりされていないと思います

サマーカットは 愛犬に取っては 何一つとして良い事はありません 飼い主の無知によるサマーカットは 単に迷惑な事にしかありません

サマーカットは絶対にやめましょう

愛犬の夏のケアーは

毛を切るのではなく 無駄毛(冬毛やアンダーコート)をしっかり取り除く事
それでも 多い場合は スリッカーで毛の量を少なくし 空気の層を増やす処置をします

散歩やドッグランで遊んだ後は 十分なクールダウンをする事
冷たい水に 足を付けて冷やすのが効果的です 足には太い血管があるので 冷やす事で 体内を回りクールダウンに成ります
体温が異常に上昇しているようであれば 足だけではなく 足の付け根に冷たいタオルを挟み 体温を下げます
そして 冷たい床や敷物で 十分に体温を冷やせる環境を用意する事です

更に 散歩後には 肉球が乾燥しているので 保湿クリーム(馬油)を塗ってあげましょう

梅雨も開けて これからが本格的な夏です 愛犬の夏ケアーをして 夏を乗り切りましょう

−−−−−−−【お知らせ】−−−−−−−−−−−−


誠犬塾で一緒に愛犬の事を学びたい 色々と相談したいという方は 下記のリンクバーナーよりホームページをご確認の上 お問い合わせください。



誠犬塾ではネットによる研修の場をFacebook誠犬塾グループを設けています 参加希望の方は グループの管理人(誠犬塾代表者)に 友達申請と共に 愛犬の事 悩みや思うことをメッセージでお送りください

誠犬塾は 参加型のグループです 積極的に参加頂ける方を求めています 
情報を得るだけ目的の方は このブログの読者として 記事を参考にしてください。
 
posted by seikenjyuku at 11:20| Comment(1) | essai エッセイ

2017年04月21日

個体差が更に付く原因

前回では 個体差が出る原因に付いて書きました。

根本的な個体差は 親からの遺伝です

人の子でも 両親を均等に受け継ぐ 片親を強く 祖父母の両方 片方などの遺伝を受けますよね でも普通は 1人づつ年齢の違う子として生まれます

でも ワンちゃんは動物特有の多出産から 一度に数匹が生まれるので その中で Α α アルファ型 Β β ベータ型 Γ γ ガンマ Δ δ デルタ Ε ε エプシロン、イプシロン Ζ ζ ゼータ Η η エータ、イータ Θ θ テータ、シータ型 と言う気質が生まれます

また インブリード アウトブリードで 有性遺伝 劣性遺伝の関係で 強い子 普通の子 弱い子 が生まれます

そして 親兄弟での生活時間 更に 新しい家庭での環境で 個体差の概要が出来ます 1.〜4.に分けてお話しました

この個体差を 新しい家庭での生活で 更に変えて行く事に成ります

5.親(飼い主)の意識

愛犬に対して 新しい家庭のパパやママが どう接するかです
生後6ヶ月未満のわんちゃんは 赤ちゃんです 親離れは未だしていません 
新しい家庭において 飼い主さんが 飼育者に成るか 親代わり(育ての親)に成るか 一見同じ様ですが 全く違います。

飼育者とは いわゆる 家畜の飼育 ペットの飼育ですね 
親変わりとは そのまま 親です  

飼育者は 
家の子と言いつつ 何か有ると犬だから・・・と言う 
可愛いから 言葉が解らないからと 何でも許すしてしまう 
時には擬人化 化なので生き物と言う物扱いですね 生き物として情で関っている訳ですね 

親代わりは 
ワンちゃんは永遠の二歳児 ずっと子供だからと思う人です 人の子赤ちゃんを育てるように 根気良く 言って聞かせて やってみせて 誉める人ですから 擬人化せず子どもと同じ扱いをしています
ある意味 人扱いをしています 愛情で関わっています

ワンちゃんに対する 意識の違いから 愛犬は 学ぶ姿勢を持つか 持たないかがの 差が生じてしまいます

ワンちゃんは の祖先は狼 人が餌付けをして長い年月共栄してきました 
狼の群れでは 親や強いリーダー ボスを尊敬し 常にその一挙手一投足を観察し 学んできました
人を 自分の親 強いリーダー ボスと認識する事で 学ぶ姿勢を持ちます 

6.しつけ法

しつけとは 大きく分けて 3種類有ります
@ しつけ 生活習慣のことを言います A 仕付け 社会のルールやマナーを言います B 躾 いわゆる躾訓練です
この3つは 人の子で言えば @は保育園で学ぶ事 Aは小学校や中学校で学ぶ事 Bは 学習塾やスポーツ塾 高校や大学で学ぶ事 と考えて下さい。

しつけ法には 順番が有るのです 正規ブリーダーから来た子は @やAの事柄を 親からある程度知らされて来ていますが ショップの子は何も経験が有りません 年齢期に会った しつけ @⇒A⇒B と言う順番が大切なのです

若し 人の子が 保育園や小学校に行かず家庭教育のみで 高校に行くとか 
または 保育小学を飛び越え スポーツ教育など特化した教育を受けたら どうなりますか

いわゆる 幼少期から保育園や小学校を軽視し サッカーや野球漬け プロや オリンピックを目指す子を育てると同じです

表現が悪いと思いますが 芸能界で子役を演じ 大人に成った人 勉強もせずスポーツ漬けだった人 が普通に生活が出来るか・・・・
勿論 芸能人でもスポーツ選手でも きちんと他の子と同じように 保育園から義務教育 高等教育をしっかりしてきた人も居ます
この差って有りますよね・・・・ごめんなさい

7.その他の要因

幼少期の成長過程の様々な出来事や 育て方でも個体差と成って現れます これには色々な要因が有ります

例1 幼少期 人で言えば 3歳で細胞の形態が根付くといわれます 
細胞には一般的に言う細胞と 脂肪細胞 免疫細胞・・・・沢山有ります
わんちゃんの場合は 生後4ヶ月位〜10ヶ月位で根付きます 免疫細胞は 2〜4ヶ月の親からの乳やワクチンで 
脂肪細胞は 歯が生え変わり 正犬の骨格に成長すると共に変化します
脂肪細胞には 単胞性脂肪細胞(白色脂肪細胞)と多胞性脂肪細胞(褐色脂肪細胞)とがあり 単胞性脂肪細胞の脂肪滴が 大きく記憶すると 肥満体型になりやすい 大きい体系に成り易くなります 逆も有ります

大きくならないと思ったのに 小さいとか 小さいとおもったけど大きく育った なかなか痩せない 太らない のはこの原因です

例2 幼少期に骨格の成長期に 太り過ぎで 股関節や足の関節に炎症を起こしたりすると ヘルニアや前足のハの字に開く病気に成ります
必然と 運動を嫌がり 日々の生活に影響が出ます

例3 2歳未満の時期に トラウマとなる事故や出来事による 自己防衛心 分離不安
このトラウマと言うのが また 厄介です

多くの方は そのトラウマに気付いていない事が有ります トラウマに気付いても その原因に気付いていない 更に 家に来る前に付いたトラウマは なお更 トラウマ自体気付かない 気付いても 原因を探れない

思いもよらないトラウマ 例えば 散歩デビューで 他のワンちゃんに 吠えられ怖かった時 パパやママが 情けないな〜と笑った これだけでも 守ってもらえなかったとトラウマになる事が有ります

また 来客者が来た時 わんわんと吠え知らせているのに 煩いと!と𠮟られた ちゃんと仕事をしたのに𠮟られた これもトラウマになる事が有ります 
知らせても 聞いてもらえないから 自ら追い払うようになる

飼育者は これらの原因 トラウマからの行動を 問題行動 無駄吠えと思い込み 更に わんちゃんを𠮟る・・ 信頼関係の崩壊に成ります 全ての原因は 飼い主の有るのに・・

愛犬の 親に成りきっている人は 概ね こう言うトラウマを作らない 何故なら どうしたの と必ず声を掛 一緒に見たりしています 言って聞かせて 一緒にやって 誉めていますから

まだまだ 多くの例が有ります 書き出したら 切が有りません

こうやって 個体差が大きくなって行きます。

でも 良く考えて下さい 愛犬は生まれ持った個体差は有りますが 自ら個体差を広げていません 全てが飼い主さんが 広げている事になるのです

たまに聞きますが 愛犬に噛まれる 寝ている時に触るとガウガウ言う 拾い食いを止められない ・・・・は 個体差ではなく 飼い主さんが知らず知らずに植えつけてしまったことです。

そう言う 私も 愛犬に幾つものトラウマを作りました 
矯正するのではなく 原因を見つけ リセットする事です 
リセットとは 嫌な経験から 楽しい経験に 上書きすると言う事です

幸いにも 愛犬は 永遠の二歳児です 根気と愛情で必ず変わりますよ

 
−−−−−−−【お知らせ】−−−−−−−−−−−−


誠犬塾で一緒に愛犬の事を学びたい 色々と相談したいという方は 下記のリンクバーナーよりホームページをご確認の上 お問い合わせください。



誠犬塾ではネットによる研修の場をFacebook誠犬塾グループを設けています 参加希望の方は グループの管理人(誠犬塾代表者)に 友達申請と共に 愛犬の事 悩みや思うことをメッセージでお送りください

誠犬塾は 参加型のグループです 積極的に参加頂ける方を求めています 
情報を得るだけ目的の方は このブログの読者として 記事を参考にしてください。
 
posted by seikenjyuku at 00:00| Comment(0) | essai エッセイ