2017年08月15日

愛犬の魂

8月15日 お盆ですよね
お盆(おぼん)とは、夏に行われる日本の祖先の霊を祀る一連の行事、日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事と言われています
父母や祖霊を供養したり、亡き人を偲び仏法に遇う縁とする行事ですね

亡き人(わんこ)を偲び 犬の魂に付いて少しお話をしたいと思います
この話しは 以前に「私の愛犬に対する理論の元」でも触れた話しです。

犬と人との関わりは 13000年前とも言われ 日本でも7000前の縄文時代からとも言われています
なぜ 多種ある動物の中で 人と犬との関係はこれ程古いのか 歴史が有るのか不思議と思いませんか

魂に付いて語ると 必然と仏教的なお話に成りますが お釈迦様の生誕は 前550年頃で 仏教がインドで復旧し 大乗仏教が出現 仏教が世界に伝わったのが ガンターラや孫悟空の話しの 西暦100年頃です

仏教の教えには 生き物には全てに 魂が有るといわれます
魂は 輪廻し 六道界天道(てんどう、天上道、天界道とも)人間道(にんげんどう)修羅道(しゅらどう)
畜生道(ちくしょうどう)餓鬼道(がきどう)地獄道(じごくどう)を巡り 人として生まれる

人間は 天道 天人 人との間と書いて 人間と言われます

犬は畜生道 この世界では 本能のまま生き 使役されなされるがままという点からは自力で仏の教えを得ることの出来ない状態で救いの少ない世界と言われます

不思議ですよね この仏教の教えが広まる以前から 犬は人の近くに居ました

仏教の教えは 文明の進化と共に 人間は自然な生き方から 自然の摂理(小さな者は大きな者に 弱い者は強いものに)に背くように成った事から 人の生き方を説いたとも言われています

従って 仏教以前から 魂の生まれ変わりは有った訳で その輪廻 畜生道の 犬魂だけは 人と共生し 人を介し得を得てて 来世は人に生まれたいと願う魂だったと私は思うのです

魂の位・・と言うか 表現は難しいな・・どう違うのか考えると

輪廻からみると 一番下が地獄道 次が餓鬼 畜生 修羅 そして人間ですね

同じ魂でも 生 生まれる確立で言うと 小さな魚は一度に数千もの子が誕生しますよね 哺乳類は生涯生まれる数は少なくなります 人間に成ると更に少なくなります

高等下等と言う表現は好きでは無いので 生まれる確立で考えると 沢山生まれる小さな弱い生き物は 罪を犯す事が極端に無い 沢山生まれても大きな物に食べられてしまう 
逆に 確率の低いものは 小さい生き物や弱い者を食べて生きて行きますから 罪を犯す数が多くなります

確立の高い生き物に生まれ 他の生き物の餌となり 他の生き物の血や肉となり 一つ上の魂に生まれ変わる 幾度と生まれ変わり 最後に人間に生まれ変わり 沢山の罪を犯し 輪廻で下へが 魂の生まれ変わり

そう考えると 犬の魂は 不思議ですよね ずっと昔から人の近くに居ます そして 他の動物に比べ生きる年数が寿命が短いです。

そうです 犬の魂は 来世人に生まれたいと願う魂だからです 私はそう思います

ここで一つ 人に近い生き物として では猫は 猫は昔から人に付かず 家に着くと言われていますよね
来世人に生まれて 又罪を犯し下に落とされる位なら このままで良い 人に生まれ変わりたく無いと諦めた魂かな(笑)

犬は人と居る事で 小動物の殺生もしません 人の役にたつ事しかしませんよね そうやって沢山の得を積み来世は人に生まれたいと願う魂と思います
中には 少し得が足らないからと 短命でもう一度犬に生まれ 人に命の尊さを伝え 得を積み 次回こそ人にと言う子もいると思います

だから 人を噛ませてはいけない 絶対に人を噛ませてはいけない 
折角人の近くに生まれ得をもらう場に来たのに 人を噛んでしまい得を失い 来世は犬以下に成るのは可哀相と思うのです

わんこ達は ずっと昔から 人のそばにいて 沢山の得をもらつています 
祖先その先の祖先も更にその祖先も 彼らの遺伝子には 人の傍に居る本能 人と共生する術を持っています

逆に言えば 私達人間も ずっと昔からわんこと暮らしてきた訳です 
今 わんこと暮らす人は きっと祖先もその先の祖先も 犬と暮らしていたのだと思うのです だからわんこと暮らす術を本能的に持っている筈です。

難しく考えず 自然に任せて 愛犬と関われば 自然と思いは繋がる筈です

人もわんこも 同じくわんこと暮らす人達と関わる事で 自然と仲間として 学びます

私は そう思います。   

  
posted by seikenjyuku at 14:34| Comment(0) | essai エッセイ

2017年08月09日

分離不安について

今日は 愛犬の分離不安に付いて書いてみます。

分離不安と言っても 色々なタイプがあり 又色々な原因があり 一言で 分離不安なのかそうじゃ無いのか・・・はいえ無いですね。

先ず 考えて欲しい事は 愛犬の知能は 人の子に例えると 2歳児と言われていますよね
人の子2歳児で 自立し社会性を十分に備わっている子は居るでしょうか 居ませんよね
多かれ少なかれ 親に依存から 分離不安は持っていると言っても過言では無いと思います。

更に 分離不安とは パパやママだけとは限りません 群れ(社会)に対してもあります
人も社会で生きています 犬も元来 群れ行動をしてきました 1人(1匹)では生きてゆけません
家庭や社会から離れる 閉ざされる事で 分離不安に成ります

従って 愛犬も同様に 愛犬との絆 親子関係 信頼関係が有る事は 分離不安を必然と持つ事に成ります。

ただ ここで間違ってはいけないのが 親子関係や信頼関係が築かれている故に成る 分離不安なのか 
逆に 親子関係や信頼関係、社会性の不足から 分離不安症に成るか は大きく異なります。

言い換えれば 
1.親子関係や信頼関係が出来ており 一緒に居て楽しいから 離れたく無い 離れてはいけない 心配かけたく無いと思って居る子 パパやママを見失うと心配、不安と言う事ですね でも 誰か知り合い 顔見知りが居てくれれば 少しは不安がなくなります  

2.信頼関係や社会性の不足から 誰を信じて良いか解らない 自分を守ってもらえるか不安 パパやママが頼りない・・・・でも パパやママしか居ないと思っている子 ”離れられない”と、言う事ですね

前者の1.は ある意味理想的な分離不安で自然な形ですが・・・
これを 思い込みや勘違いをされている方も多いですね
良く聞く言葉として「私から離れないので 大丈夫です」こう言われる方の愛犬は 概ね 依存性の分離不安な子が多いです
正しくは 「適度な距離を保ち 離れたり戻って来たり 常にアイコンタクトを送ってきます 勿論 呼べば戻ってきます」 が正解です

後者の2.は 「分離不安症」心の病です 1.の勘違いされている方も 「依存型の分離不安症」です。

分離不安 心の病としての 分離不安症には 色々な原因やタイプがあります。
その原因は 
@ 生後4〜6ヶ月の社会化時期の 社会化不足 幼児タイプ 
A 生後5〜7か月の不安時期 人見知り 犬見知りをする時期の 対処方から 友達が作れないタイプ
B 生後7〜10ヶ月の時期に起きる 第一反抗期の対処法 我侭タイプ
C 1歳6ヶ月前後時期にある 第二反抗期の対処法 ヤンキータイプ
D 閉鎖型の生活(あまり人や犬との交流をしていない)井の中の蛙タイプ 
E 特化された主従関係のコマンド教育からなる 視野の狭いタイプ 
F トラウマA 過去の経験、体験 恐怖体験などからなるタイプ
G トラウマB 自然現象 地震、雷、自然災害などからなる パニック障害タイプ
H 飼育放棄 迷子親から離れた子 人間不信タイプ 

全てが人が介して成る原因ですね 
犬の行動学や犬学(犬の本質)を少し知っていれば対処できたと思います

この@〜H 人の子でも当て嵌まりますよね 愛犬で言う ・・ヶ月を 歳と置き換えると 
@は保育園経験が無い子 Aは小学校低学年の頃 Bは小学5〜中学1年生頃 Cは高校生の頃
Dは家からあまり出さなかった子 Eは偏った英才教育 FGは体験から Hは特例かな

犬学や犬の行動学を知らなくても 子育て経験のある人 自分が子供だった頃を思い浮かべれば ある程度の対処は可能なはずです
残念ながら 家族、家の子・・と言いながら 心の何処かで 犬だから 言葉が通じないから・・と犬扱いしていたのが原因といえます

例えば @〜Cにおいて パパやママが過保護にする事で 依存性が強く成り 分離不安に成ります 昔 流行った 冬彦さん型ですね(笑) 
いわゆる マザコンタイプ 良くても悪くても ママしかいない ママが全て ママが法律・・・って
こう言う子は 人にも犬にもママの傍で良く吠えます ママが居ないと パニックに成ります

例えばAにおいて 自然な社会化を構築できず 友達を作ることが苦手に成った子は 親に対しての依存度が強くなります

例えばCにおいては 本来、社会での自立 自律をする時期 この時期に社会(群れ)行動が出来ないと 分離不安を越えて 1匹狼となります

DやEは 世間知らずなので 分離不安でも絶対主義 信仰形とも言えます

FGは ある程度想定し 恐怖時期を迎える頃 生後4〜6ヶ月時期に 恐怖心を持たせない程度の疑似体験をさせておくと 随分違います

どちらにしても 良い意味での分離不安は 2歳を越え3歳4歳頃までには 自律し愛犬自ら 不安に成らない術を学びます

しかし 分離不安症は 愛犬に取ってはかなりのストレスに成ります 依存症 パニック障害 の併発が重なると 更にストレスが溜まります。

愛犬に分離不安症の疑いのある方 今からでも遅くないですよ 幸い 人と異なり 愛犬は 永遠の二歳児 楽しい事での上書きは可能です

愛犬は2歳児の知能と言われます 知能 知識 知恵 の違い解りますか
知能は一般的にIQで表現されます 知識(物事の識別 データー)知恵(知識の応用力)の能力指数です
人は成長に伴い 知能も進化してゆきますが 愛犬は2歳児のままです

コンピューターで言う OSと記憶媒体(HD容量)処理能力は変えられませんが
不要な知識(データー)に楽しいデーターを上書きする事は可能です
更に 知恵 応用力は 言って聞かせやって見せて やらせてみて誉めてあげれば 改善出来ます

愛犬は2歳児です ずっと幼児です 根気良く 言って聞かせて やって見せて やらせてみて 誉めてあげれば 幾らでも良い方に向きます。

もう一度言います 根気ですよ 楽しく 根気よくです

 
−−−−−−−【お知らせ】−−−−−−−−−−−−


誠犬塾で一緒に愛犬の事を学びたい 色々と相談したいという方は 下記のリンクバーナーよりホームページをご確認の上 お問い合わせください。



誠犬塾ではネットによる研修の場をFacebook誠犬塾グループ(非公開グループ)を設けています。 
参加希望の方は グループの管理人(誠犬塾代表者)に 友達申請と共に 愛犬の事 悩みや思うことをメッセージでお送りください

誠犬塾は 参加型のグループです 積極的に参加頂ける方を求めています 
情報を得るだけ目的の方は このブログの読者として 記事を参考にしてください。

誠犬塾は Dog Field 腕白にて 毎月第2日曜日のJack Day 第4日曜日の腕白Day(愛犬とパパとママの交流会)で ミニセミナーを開いております。 
ご興味のある方は 下のバーナーよりご確認下さい。

  
posted by seikenjyuku at 10:24| Comment(0) | essai エッセイ

2017年07月31日

名札(迷子札)と社会化の重要性

事後報告に成ります 一昨日 愛犬のHarry君が 迷子に成りましたが お陰さまで 無事帰宅(失踪午前6時ごろ 帰宅午後1時ごろ)することが出来ました。
保護をして頂けた ご家族の方に あらためて御礼申し上げます ありがとうございました。

日曜日の早朝 6時前と思います 町内の氏神様で清掃があった様で 人の往来が多く 私達も出かけたと感じたのか 柵の隙間から抜け出し 私達と勘違いして他の人を追ったようです。

私達は この日 清掃作業がある事を知らず寝ていました
朝、何時ものように 母ちゃんが起床 犬舎を覗いた所 Harryが見当たらず 犬舎内を探したけど見つからず Harryが居ない・・・の大声で目が覚めました。

早々に自宅周りを見て回りましたが 見つからず 自転車、原付で周辺を捜索・・・・しかし 見つかりません
自宅から100mも離れない場所に Harryの物らしい 排泄物を発見
更に捜索すると 氏神様に大勢の人が集まっている事を知り その場に居合わせた方に 愛犬の事を聞いたのですが 情報が得られませんでした。

Harryの性格から言って 自宅から遠くへ行くことはあり得ないが 私と似た人が居たら 付いて行く事はありえる
引越したてのころ 犬舎が未完成の時 自宅敷地内でうろちょろ 時には前面道路にふらふらと出る事はあっても 私の位置を確認し 遠くへ行く事はありませんでした。

それらの事から 自宅前を多くの人が往来し 私達が出かけたと感じたのと思います 従って その氏神様近辺に居ると判断し探しましたが 見つけられず
警察や愛護センターに届出をし 念の為に自宅より 数キロ範囲を捜索 旧フィールド方面を捜索
昼頃から 更に広範囲を捜索しようと 車で移動をした時 携帯電話が鳴りました

「わんちゃんを飼って見えますか ハートちゃん?・・預かっています」との事
場所を尋ね 引取りに伺うと やはり 氏神様の近くでした 捜索で何度も通った場所でした。

発見者は そのお宅のお嬢様で 自宅前の駐車場で見つけ おいで・・と呼んだら 来たので保護したそうです。
Harryは 名札を付けていましたが ラフコートで毛が長く 当初 アクセサリーと思いきちんと見なかったけど 良く見たら 名札で電話番号の表示があった事から 電話をして頂けたそうです。



今回の失踪で 再確認した事は 

やはり第一に 人に頼れる 人馴れをしている事
「来い」などの命令コマンドではなく 名前でもなく おいで と手招き(ハンドシグナル)で人の元に行けること 
堅実な主従コマンドは ハンドラー 飼い主の指示にしか従わない場合があります その点 曖昧な話しかけ法は 来い おいで わんちゃん・・とか 笑顔で手招きをすれば その様子から判断し 呼んだ元に行く事が出来ます。

Harryは 人も犬も大好き オフ会やわんこの集まりの時でも 知らない人の場所で ちゃっかりおやつを戴き 遊んでもらうタイプ(特に若い女性の居る場所)
広いフィールドでも 大きな声で Harryと呼べは 何か食べていても 戻ってくる子です。
若し 迷子に成っても 必ず人に近付き 保護を求める子(若い女性に頼る・・選ぶ・・好む・・ようです)

そして 目に付き易い 名札(迷子札)です
我が家は ドッグタグと言って 兵隊さんが身に付ける 認識票を使っています
 

以前 首輪に直接連絡先を書いたりした事もあります しかし 汚れたり薄れて 見難くなる事がありました
また アルミやプラスチック 皮製の物は 愛犬自身では噛んだりする事は難しいのですが 多頭の場合 他の子が噛む事があり 破損する事がありました。
アクセサリー系は 小さく気付いてもらえない(保護する人は愛犬家とは限らない)
色々と試した結果 Dog Tag(元々 狩猟犬の識別票を真似て ドイツの軍隊で採用された事から dog tag と呼ばれるようになった)を付けています

閉め忘れの扉から 柵の隙間から ちょっとした不注意から 愛犬の失踪は 飛び出しはあり得ます
更に 地震や災害で 窓や扉の破損の場合もあります 不在の時に発生する事もあります

今回の事で 愛犬の失踪 迷子は何時おきるか解りません 
常日頃から 愛犬の社会化 常時名札の着用(家の中でも)は 愛犬を守る為に大切な事と 再認識する体験となりました。

−−−−−−−【お知らせ】−−−−−−−−−−−−


誠犬塾で一緒に愛犬の事を学びたい 色々と相談したいという方は 下記のリンクバーナーよりホームページをご確認の上 お問い合わせください。



誠犬塾ではネットによる研修の場をFacebook誠犬塾グループ(非公開グループ)を設けています。 
参加希望の方は グループの管理人(誠犬塾代表者)に 友達申請と共に 愛犬の事 悩みや思うことをメッセージでお送りください

誠犬塾は 参加型のグループです 積極的に参加頂ける方を求めています 
情報を得るだけ目的の方は このブログの読者として 記事を参考にしてください。

誠犬塾は Dog Field 腕白にて 毎月第2日曜日のJack Day 第4日曜日の腕白Day(愛犬とパパとママの交流会)で ミニセミナーを開いております。 
ご興味のある方は 下のバーナーよりご確認下さい。


 
 
 
posted by seikenjyuku at 12:26| Comment(0) | essai エッセイ